performanceTokyo 2014




project performanceTokyoパフォーマンス東京

「パフォーマンス東京"Solitaire"」は様々な表現ジャンルから
規正のルールをはみ出しボーダーレスな活動をするアーティストを
プロデュースするシリーズ。
一晩に多様なパフォーマーが一堂に会し、しかしコラボレートはせず
「ソロ」で魅せる"Solitaire"。
若手の表現者が
すでに表現を確立したベテランと肩をならべる機会を
提供する場としての機能にも重きを置いている。

2014
12.22.mon 19:30
六本木CUBE


IMG_9985.JPG








IMG_9962.JPG





solitaire
音節 sol・i・taire 発音記号/sάlətèɚ|s`ɔlətéə/
【名詞】
1【可算名詞】
 a(特にダイアモンドの)ひとつはめの宝石
bひとつだけ宝石をはめたイヤリング(カフスボタンなど)
2【不可算名詞】 《主に米国で用いられる》 ソリテール
(《 主に英国で用いられる》
patience ) 《ひとりトランプ》.

リアント ダンス
Rianto, dance

インドネシア共和国バニュマス出身。ジャワ古典舞踊の優型・荒型、バニュマす地方の伝統舞踊の女形舞踊手として活躍し、自信の振り付け作品を各国で発表。2005〜06年に韓国の振付家シン・ヘ・ハのヨーロッパツアー、2008年〜09年にパパ・タラフマラの「ガリバー&スウィフト」「ガリババ」に出演。また2009年1月にはワシントン、インドネシア大使館より招聘され、オバマ新大統領就任式のレセプションで舞踊を披露した。2013年には、岸田理生アヴァンギャルドフェスティバル
「メディアマシーン」にて野澤美香と共演。艶やかな女形を特徴とする多彩な技巧を要する伝統舞踊を素地に、近年ではダイナミックなコンテンポラリーダンスに取り組むなど、そのしなやかで力強い肉体を駆使した独自の表現方法を確立する。「デワンダルダンスカンパニー」主宰。

安野太郎 ゾンビ音楽
Taro Yasuno, zombie music

作曲家。1979年生まれ。日本とブラジルのハーフ。いわゆるDTMたエレクトロサウンドとしてのコンピュータ・ミュージックとは違う軸でテクノロジーと向き合う音楽を発表してきた。代表作には、映像に映ったものを言葉で描写していくパフォーマンス「音楽映画」シリーズや、サーチエンジンで検索されたピアノ局を全て弾くコンサート「サーチエンジン」等がある。2012年からはゾンビと呼ぶ自作の機械で奏でる「ゾンビ音楽」に心血を注いでおり、これまでに2つのCDをpboxxレーベルからリリースし、国内外各地でパフォーマンスを行ってきた。
第7回JFC作曲賞受賞(日本作曲家協議会)。第12、17回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品。トーキョーエクスペリメンタルフェスティバル vol.8 奨励賞受賞。2ndアルバム「QUARTET OF THE LIVING DEAD」が平成26年度の文化庁芸術祭レコード部門参加作品。